Googleクラスルームのアカウントを徹底解説【本当は簡単です】

ICT

「Googleクラスルームのアカウントってどういうこと?Googleクラスルームにログインできない、入れない。」

そんな苦労をしている方へ。Googleクラスルームのアカウントについて、どんなものなのかを徹底解説します。

本記事の筆者である僕は、Googleクラスルームを1年以上使っています。そんな経験をもとに、Googleクラスルームのアカウントについて、分かりにくい点なども解説しますね。

Googleクラスルームのアカウントを徹底解説

Googleクラスルームのアカウントを徹底解説

結論から書くと、Googleクラスルームのアカウントは単なるGoogleアカウントです。

Googleアカウントとは、Googleの各サービス(YouTubeやGoogleドライブなど)を使うためのアカウントです。YouTube見る人だったら持ってますよね?

Googleクラスルームのアカウントも、そのGoogleアカウントと全く変わりないものです。

むしろ、「Googleアカウントを使って、Googleクラスルームにログインする」というのが正しいです。

でも、Googleクラスルームにログインするときって、Googleアカウントでログインしている自覚がないって方も多いですよね。なぜでしょうか?

Googleクラスルームで使うのは、学校用アカウント

実はGoogleクラスルームで使われるのは、学校用のGoogleアカウントなんです。簡単に言うと、個人で持ってるアカウントじゃないよってこと。

言われれば「そういえば、学校からパスワードとかもらったな」と思い出す人が多そうですが、分からないと個人のアカウントを使おうとするなんてことになります。

学校用のGoogleアカウントがどういうものかは後で解説しますね。

Googleクラスルームでは、個人のアカウントは使えない

Googleクラスルームでは、基本的に個人のアカウントを使うことはできません。学校の授業でGoogleクラスルームを使う場合には、学校用のアカウントが必要です。

学校用アカウントとは、大学や高校などが学生に対して配布しているGoogleアカウントです。Googleクラスルームを使っている学校であれば、必ず配布されるはずです。

Googleは、学校でGoogleクラスルームを使う場合、個人のGoogleアカウントで使うことを禁止しています。もし個人のアカウントで授業している学校があれば完全にアウトですね。

学校用のGoogleアカウントとは何なのか?

学校用のGoogleアカウントとは何なのか?

でも一体「学校用(Google)アカウント」とは何なのか、分からないですよね。

学校用アカウントとは、別名「G Suite for Education アカウント」と呼ばれています。Googleは次のように説明しています。

学校用アカウント – G Suite for Education アカウントとも呼ばれるこのアカウントは、認可校が設定したアカウントです。

Classroom のユーザー アカウントについて

これだと、ちょっと分かりづらいので簡潔にまとめると、

Googleと契約を結んだ学校が、学生に配る学校専用のアカウント

ということ。Googleクラスルームを使う学校は、GoogleとG Suite for Educationという学校向けサービスの契約をしています。

G Suite for Educationの説明はしませんが、学校用アカウントと個人の持つGoogleアカウントが少し違うものだと分かれば十分です。

学校用アカウントの分かりづらい点(Q&Aで解説)

学校用アカウントの分かりづらい点(Q&Aで解説)

学校用アカウントは、そんなに難しいものではないです。でも、分かりづらい点がいくつかあります。ここでは、それをQ&Aで説明しますね。

①学校用アカウントのメール・パスワードが分からない

学校用アカウントでログインするのに必要なメールアドレスやパスワードは、すべて学校側から通知されます。なので、学校に確認するしかありません。

特にメールアドレスは、普通のGoogleアカウントと異なり、gmail.comで終わるアドレスではなく、「example@example.ac.jp」のように大学のドメインなどで終わります。

他にも、.ed.jpや.edu、.orgといったドメインが使われます。

②Googleクラスルームの「クラス」に入れない

Googleクラスルームで「クラス」に入れないというパターン。これは、使っているアカウントが間違っている可能性が大です。

Googleクラスルームは個人のアカウントでも使えますが、学校内で作られた「クラス」には参加できません。

学校でGoogleクラスルームを使うときには、学校用アカウントを使いましょう。

③学校用アカウントでログインできない・パスワードを忘れた

学校用アカウントでログインできないときは、入力している情報が間違っていないか確認するべしです。

それでもログインできないとき、パスワードが分からないときは、学校に頼んでログイン情報を初期化してもらう必要があります。

残念なことに、学校用アカウントではパスワードを忘れても、自分でリセットできない仕組みになっています。仕方ない。

まとめ

オンライン授業の急すぎる広まりでGoogleクラスルームを使う学校は間違いなく増えています。

そんな中で、そもそもログインできない、アカウントがよく分からん!という方も一定数いるはず。でも、本当はGoogleクラスルームも、アカウントも決して難しいものではありません。

慣れないと分からないというのもありますが、アカウントが分からないと絶望的です。まずは、Googleクラスルームを使いこなしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました