【無料】数式を入力して関数グラフをすぐに描けるサイト・アプリ4選

「数式を入力して関数グラフをかけるツールを探している。パソコンやスマホでかんたんにグラフを書いてみたい。」

関数グラフをパソコンやスマホで書きたい学生や教員の方へ。この記事では、数式を入力するだけで簡単にグラフを描けるサイトやアプリを4つ紹介します。

大学生の僕が「実際に使ってきたものだけ」を集め、おすすめ度の高い順に紹介しています。もちろんすべて無料です。

①Desmos グラフ計算機

Desmosでグラフを複数描画した画面

Desmosは、Google ChromeなどのWebブラウザ上でグラフを描けるサイトです。デザインがシンプルで使いやすいので気に入っています。スマホで見ても表示が崩れません。

幅広い関数に対応しており、グラフの表示・非表示の切り替えも簡単です。パラメータを動かして複数のグラフの交点を調べてみる、といったこともできます。

僕はDesmosには大学受験の勉強でお世話になっていました。

②GeoGebra

GeoGebraでグラフを複数描画した画面

GeoGebraもDesmos同様、Webブラウザ上でグラフを描けるサイトです。

Desmosと違って入力補助のパネルが表示されるので、パソコンでの数式入力に慣れていなくても使いこなせます。iPadやスマホでも入力がしやすいので便利です。

一方で、座標平面上を移動するときの速度が少し遅い気がします。僕はシンプルなものが好きなので、GeoGebraよりはDesmosの方が好きですね。

③GRAPES-light

GRAPES-lightでグラフを描画した画面

GRAPES-lightは、日本製のグラフ描画サイトです。教科書会社の東京書籍が開発協力していることもあり、やや先生向けな機能が多いように感じます。iOS向けにはアプリがあります。

具体的には点をあらかじめ設定できたり、パラメーターを少しずつ増やしたりできます。すぐにグラフを書くためのツールというよりは、事前にグラフを準備して見せるためのツールになっています。

高校の先生が使っていたので、何回か試したことがありますが、僕には使い方がよく分かりませんでした。画面の配色も微妙だし、ごちょごちゃしているし、学生向けではありません。

④GRAPES

アプリ版GRAPESでグラフを描画した画面

GRAPESは、GRAPES-lightの本家バージョンです。Windows PCにインストールして使うようになっており、GRAPES-lightよりも機能が豊富です。使い勝手は、GRAPES-lightと同じく微妙です。

しかし、日本語での大量の利用例があり、上の3つより情報を得やすいのがポイント。GRAPESの公式サイトは見た目が古いですが、GRAPES自体はWindows 11でも動作し、管理者権限もいりません。

また、3D-GRAPESという座標空間上に回転体などを描画できるアプリもあります。いろいろ描きたいなら、GRAPESが良いのかなという感じですね。難しそうだけど。

まとめ:関数グラフが描けるツールの選び方

関数グラフが描けるサイトやアプリを4つ紹介しました。最後に選び方を紹介します。

関数グラフが描けるツールの選び方
  • グラフをすぐに描きたい+PCでの数式入力に慣れている→Desmos
  • グラフをすぐに描きたい+PCでの数式入力は知らない→GeoGebra
  • グラフを表示して解説したいor利用例がほしい→GRAPES-light
  • 3Dも試してみたい→GRAPES

以上です。どれも無料ですし、GRAPESに関しても管理者権限なしで使えるので、それぞれ試してみて自分にあったものを選ぶのが良いでしょう。

さくっとパソコンやスマホでグラフを描けるようになると、学習に役立つだけでなく、いろいろと試せて面白いですよー。ぜひグラフを簡単に描いて学習などに役立ててください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました