【39ヶ月使ってレビュー】IIJmioギガプランのメリット・デメリット

「IIJmioのギガプランのレビューが知りたい。IIJmioギガプランの契約前に他の人の意見を聞きたい。」

料金を抑えてスマートフォンを使いたい方へ。この記事ではIIJmioギガプランのユーザーとして、IIJmioギガプランのメリット・デメリットを解説します。

僕は今まで39ヶ月ほどIIJmioを利用してきました。リアルな感想も混ぜて、検討している方へ向けて良い点と悪い点を紹介します。

レビュー:IIJmioを39ヶ月使い続けている理由

僕が39ヶ月もの間IIJmioを使い続けている理由は次の2つ。(ちなみに、39ヶ月前ギガプランはありませんでした。)

  • IIJmioよりもコスパの良い格安SIMがない
  • IIJmioギガプランの通信速度に満足している

IIJmioよりもコスパの良い格安SIMがない

まず思うのが「IIJmioよりもコスパの良い格安SIMはないんじゃないか」ということ。格安SIM自体はたくさんあるのですが、月額990円となるとIIJmioよりコスパの良い格安SIMは知りません。

IIJmio

IIJmioよりも良いサービスがない、つまり、IIJmioが僕にとって最高のサービスだと思うから39ヶ月もの間IIJmioを使ってきました。日本の携帯料金は安くなりましたが、IIJmioを下回るサービスはなさそうですね。

IIJmioギガプランの通信速度に満足

IIJmioギガプランは、通信速度にも満足しています。僕はdocomo4G回線のギガプランを契約していますが、そのインターネット速度は80Mbps超え。

IIJmioの通信速度

5Gにすればもっと速くなるのでしょうが、正直4Gでも満足しています。格安SIMだからといって、遅くて使いものにならないと感じたことはありません。

他に良さそうな格安SIMはないし、IIJmioの通信速度は快適。ならIIJmioギガプランで良くないか?僕はそう思います。今のところIIJmioから乗り換える予定はありません。

レビュー:IIJmioギガプランのメリット

僕が感じているIIJmioギガプランのメリットは次の通りです。少し具体的にしてみました。

  • 料金設定が明確&安い
  • テザリングができる
  • 通信速度が速い
  • 家族とデータシェアできる
  • 低速通信と高速通信を切り替えられる
  • カバー範囲の広いdocomo回線が使える

IIJmioギガプランのメリット:料金設定が明確&安い

まず、IIJmioギガプランは料金設定が明確で、しかも安いです。料金表を見てみましょう、

IIJmioギガプランの料金表

IIJmio公式サイトより

最近よくある「〇〇GBまでは〇〇円」みたいな分かりづらさが全くありません。SIMカードの機能(音声通話・SMS・データ)と通信量だけで、料金が決まるので単純明快です。複雑な料金体系の大手キャリアと違って、IIJmioは分かりやすいですよね。

そして、料金自体も安いです。僕は4GB音声通話の税込み1078円のプランですが、他社だと1500円くらいしてしまいます。もっと安いSIMも探したことはありますが、IIJmioより安いSIMはなさそう。

IIJmioギガプランのメリット:追加料金無しでテザリングができる

IIJmioギガプランでは、追加料金無しでテザリングができます。すなわち、パソコンやタブレットをスマホを経由して、インターネットに繋ぐことができます。

僕は外でブログを書くことも多いので、テザリングを愛用しています。別途Wi-Fiルーターを用意する必要がないので、安いし手軽で便利です。

IIJmioギガプランのメリット:通信速度が速い

繰り返しですが、IIJmioギガプランは通信速度が速いです。他のキャリアと比べると驚きの80Mbpsという速さでした。 僕は、4G回線は10Mbps〜30Mbpsというイメージを持っています。

ストレスがまったくなく使えているので、満足です。5G対応スマホに買い替えたら、5Gで計測してみたいですね。

IIJmioギガプランのメリット:家族とデータシェアできる

IIJmioギガプランでは、家族とデータ容量をシェアすることができます。家族とというか、同じアカウントで契約しているSIM同士で容量をシェアできます。

僕は自分のデータが余ってしまったときに使ったことがあります。僕は現在一人で契約しているので使えませんが、家族で使いたいときにはいいですね。

IIJmioギガプランのメリット:低速通信と高速通信を切り替えられる

IIJmioギガプランは、低速通信と高速通信の切り替え機能があります。「誰が低速通信に切り替えるんだよって感じですが、低速通信にすればデータ容量を消費しません。

MyIIJmioアプリで低速通信と高速通信を切り替えられる

僕は、月末などに切り替え機能を使って、ここぞというときのためにデータ容量を残していたことがあります。意外と便利な機能です。

IIJmioギガプランのメリット:カバー範囲の広いdocomo回線が使える

IIJmioギガプランの回線は、auもしくはdocomo回線です。どちらでも料金は同じなので、僕はカバー範囲の広いdocomo回線を選んでいます。

全国どこでも使えるという意味で、docomoが選べるのは大事なポイントです。IIJmioギガプランにはauもあるわけですが、たぶんauを選ぶメリットはないでしょう。僕は今後もdocomo回線を選び続けていくつもりです。

レビュー:IIJmioギガプランのデメリット

39ヶ月間使っていると、メリットだけでなくデメリットも見つけたりします。気になったのは次の3つ。

  • 音声通話を追加すると電話番号が変わる
  • 初期手数料が高い
  • データ追加料金が高い

IIJmioギガプランのデメリット:音声通話を追加すると電話番号が変わる

IIJmioギガプランは、音声通話を追加するとSIM自体が交換となり、電話番号が変わってしまいます。

僕が実際に音声通話を追加しようとしたときに、電話番号が変わってしまうことに気づきました。結局、電話番号は変わったのですが、いろいろ変更しなければならず不便でした。

料金が安いので音声通話を契約してね、ということなのかもしれません。

IIJmioギガプランのデメリット:初期手数料が高い

IIJmioギガプランは契約の初期手数料が3000円と高いです。大手キャリアだと利用料金こそ高いものの、初期手数料は無料が普通。

僕のように39ヶ月ほど使えば、初期手数料3000円なんて月々77円ですが、短期間だけ使うことを考えると初期手数料が高いなあ、と感じてしまいます。格安SIMなので仕方がないんですかね。。。

IIJmioギガプランのデメリット:データ追加料金が高い

IIJmioギガプランで、データをついかしようとすると、1GBあたり220円もかかります。

もともと4GBで990円くらいなので妥当かなという気もしますが、10GB2200円と考えると高い気がします。なので、僕はデータ追加はしないようにしています。

考え方次第ですが、大容量のデータを追加する場合には、間違いなく高いですよね。

レビューまとめ:IIJmioギガプランはコスパ重視の人におすすめ

IIJmioギガプランはコスパ重視の人におすすめ

僕は39ヶ月間IIJmioを使ってきましたが、これからも使い続けます。僕のようなコスパ重視の人には、価格といい容量といい、速度といいすべてが理想的だからです。

要するに「コスパを重視するならIIJmioギガプランが絶対いいよな」と思っています。IIJmioと同じくらいの価格帯のNUROモバイルへの乗り換えも考えたことがありますが、やはりIIJmioの方が料金面でも機能面でも良かった。

格安SIMは多すぎて選びにくいですが、僕の状況と似ていると感じたからIIJmioがぴったりかもしれません。これだ!というSIMが見つかるといいですね。

IIJmio公式サイト:https://www.iijmio.jp/

コメント

タイトルとURLをコピーしました