【コスパ最強?】Chromebook C425TAのスペック・注意点

「Chromebook C425TAを買うか迷う。」という方に向けて、C425TAのスペックや魅力、そして買う前に知っておきたい注意点をまとめました。

Chromebook C425TAのスペック情報

まずは基本スペックについて。ASUS公式サイトからコピペするのではなく、パソコン選びに必要な情報だけを取り出して見てみます。

  • CPU:インテル® Core™ m3-8100Y プロセッサー(1.1GHz〜3.4GHz)
  • メモリ:8GB
  • ストレージ容量:64GB
  • ディスプレイ:フルHD(光沢・タッチパネル)
  • バッテリー:12時間(1.8時間で充電)
  • 重さ:1.44kg
  • スピーカー・マイク・Webカメラ内蔵
  • Wi-Fi・Bluetooth対応

処理能力はChromebookの中では普通

C425TAの処理能力はChromebookの中では普通です。メモリ8GBというのは、同じ価格のChromebookと比べると珍しいのですが、ハイエンドになると16GB以上のモデルもあります。

CPUはCorem3と一応インテル製ではあるものの、そこまでの性能は期待できません。無名のメーカーのCPUではないので、その点では高評価です。

ディスプレイはフルHD対応

ディスプレイはフルHD対応の14型光沢(グレア)ディスプレイです。個人的には非光沢(ノングレア)の方が好みなのでうーん。タッチパネルなのは、操作がしやすくて良いと思う。

また、ディスプレイは180度まで開きます。ディスプレイからキーボードを外すことはできませんが、タブレット的な使い方もできる。

搭載されている端子

ASUS公式サイトより

搭載端子は、Type-Cポート2つ、USB-Aポート1つ、microSDカードとマイクロイヤホンジャックだけ。Chromebookとしては典型的な仕様です。

microSD対応なので、ストレージ64GBを使い尽くしても128GBや256GBのmicroSDカードを挿せば、より多くの写真や書類をオフラインで保存できます

保証期間・サポート期間

ASUS公式サイトより

C425TAには、ASUSのあんしん保証が1年間付いています。買ってから1年間はどんな原因で壊れても、ASUSに修理費用を8割も負担してもらえます

故障しなければ気にしなくていい話ではありますが、保証があるのとないのとだと安心感が違います。

ASUSの安心保証とは、落下や水没といった不意の事故を含め、どんな原因でも保証してくれるサービス。修理代金の20%を負担するだけで修理してもらえます。(購入後30日以内の製品登録が必要)

また、C425TAのChrome OSの更新期限は、2026年6月です。2022年6月を過ぎると、最新のChrome OSにアップデートできなくなる他、セキュリティ上のリスクも高まります。

この更新期限はすべてのChromebookに共通する運命なので、仕方ありません。

Chromebook C425TAを買う前に知りたい注意点

C425TAは一見いいところばかりの製品に見えますが、あまり知られていないデメリットもあります。そこで、C425TAを買う前に知りたい注意点を2つ紹介します。

  • キーボードが英語規格
  • DVD・CDドライブはない

キーボードが英語規格

C425TAのキーボードは英語規格となっていて、日本で通常使われるキーボードとは配列が少し異なります。

英語キーボードには、かなが印字されていない、エンターキーが大きいなどの特徴がありますが、入力方法は日本語キーボードと何も変わりません。

しかし、キー配列が違うと打つづらいこともあるので、注意です。

DVD・CDドライブがない→外付け市販品が必要

C425TAには、DVD・CDドライブがありません。つまり、C425TA単体でDVDを見たり、CDを取り込んだりすることができません。

DVDを見たり、CDを取り込むには外付けのドライブを買わなくてはなりません。一般的に数千円で売られていますが、持ち運びとなると不便ですね。

Chromebook C425TAの魅力

ここまで注意点を紹介しました。最後に、C425TAの魅力を2つ紹介します。

  • メモリが8GB
  • 最新モデルなのに3万円台で買える

安いのにメモリが8GB

C425TAに関して僕が一番凄いと思うのは「メモリが8GB」ということ。3万円台という安いChromebookで8GBのメモリを搭載したモデルは他にはありません。

しかし8GBメモリというのは、快適にパソコンを使う上では絶対に必要。安さと性能を両立できているChromebookはC425TAだけではないでしょうか?

最新モデルなのに3万円台で買える

もう1つの魅力は、C425TAは2022年発売の最新モデルなのに、3万円台ということ。3万円台の他のChromebookを見ると、2010年代発売など型落ちしたモデルが多いですが、C425TAは正真正銘の最新モデルです。

定価は44,000円なのですが、

  • 公式サイトですら、37,000円
  • Amazonだとさらに安く、33,970円

です。

コストパフォーマンスはChromebookの中でも非常に高いです。よく考えて、C425TAを買うかどうか決めてください。それでは。

Amazon.co.jp: ASUS Chromebook C425TA

タイトルとURLをコピーしました