【ロリポップ遅いは嘘】進化したその評判と速度テストの結果を公開

サーバー

老舗レンタルサーバーのロリポップ!。いざその評判を見てみると、

「ロリポップは重たいし遅い。WordPressなんて超低速なので、他のレンタルサーバーを選ぶべき。」

というようなあまり良くない評判を多く目にするのではないでしょうか?ついこの前までは僕もその通りなのだろうと思っていました。

しかし、それは完全に間違いです。今回は、ロリポップを実際に契約してみたので、WordPressの速度テストや使ってみた感想を紹介します。速度検証サイトも用意しました。

【ロリポップ遅いは嘘】進化したその評判と速度テストの結果を公開

【ロリポップ遅いは嘘】進化したその評判と速度テストの結果を公開

結論から言うと、ロリポップ遅いは嘘でした。「ほんとかよ!」と思われた方へ、もう少し正確に言うと、スタンダードプラン以上はもう決して遅くないというか高速です。

ロリポップが高速なのはスタンダードプラン以上

ロリポップが遅いというのは嘘ですが、それには条件があります。それは、スタンダードプラン以上であるということ。

というのも、エコノミープランやライトプランでは、PHPの動作にCGIという低速な仕組みが使われています。

それに対し、スタンダードプランでは高速なモジュール版PHPハイスピード・エンタープライズプランではLiteSpeedが採用されています。

モジュール版PHPとは、プログラミング言語であるPHPを高速で動作可能にする仕組みです。また、LiteSpeedは非常に高速な新しいWebサーバーであり、当サイトでもLiteSpeedを採用しています。

ロリポップが進化したのは2015年

ロリポップ遅いは今になっては嘘ですが、少し前までは紛れもない事実でした。ロリポップが高速化を初めたのは2015年でして、それ以前はかなり低速だったようです。

ちなみに、2020年4月からは「ロリポップ爆速宣言」なるものが始まり、さらなる高速化が目指されています。
>>ロリポップ爆速宣言

ロリポップの速度テストは99点

ロリポップの速度テストは99点でした

今回新たに契約したロリポップのサーバーと当サイトのサーバーであるカラフルボックスを比較してみました。検証に使ったサイトはこちらです。

※どちらのサイトもWordPressでSTINGERというテーマを利用し、プラグイン等は使用していません。

ここではPageSpeed InsightsというGoogleのツールと、GTmetrixというツールでのスコアを比較しました。順に見ていきます。

PageSpeed Insightsでのテスト結果

GoogleのPageSpeed Insightsでのテスト結果は次のとおりでした。

スマホ版スコアPC版スコア
ロリポップ!(スタンダードプラン)9099
カラフルボックス(BOX2)9599

正直驚きました。ロリポップ!とカラフルボックスはもう少し差がでると思っていたのですが、思っていた以上にロリポップは高速だったようです。

スマホ版スコアはカラフルボックスに劣りますが、それでも十分な速度は出ていると言えると思います。

GTmetrixでのテスト結果

GTmetrixという海外の速度テストツールでの結果は次のようになりました。

ページ速度読み込み時間
ロリポップ!(スタンダードプラン)A(93%)5.1秒
カラフルボックス(BOX2)A(95%)1.9秒

こちらは残念ながらカラフルボックスの方が優勢といった感じですが、ロリポップも決して悪くないですね。

検証に利用したスタンダードプランはApacheというWebサーバーが使われています。LiteSpeed採用のハイスピードプランなら、カラフルボックスと同じくらいになるでしょう。

実はGTmetrixには様々な機能があるのですが、英語で分かりづらいので省略しますね。

まとめ:ロリポップ!はむしろ速いサーバーです

まとめ:ロリポップ!はむしろ速いサーバーかも

良くない評判が目立つロリポップ!ですが、最近は改善されています。そして速度テストを見る限り、遅いと言うよりは、かなり速いサーバーの部類に入ります。

使ってみた限りまだ操作画面など昔のままだったりしますが、かなり改善されてきていることが分かりました。

料金もスタンダードプランで月額500円と手軽ですし、コストパフォマンスは良いサーバーです。初心者がWordPressでブログを始めるなどの用途であれば、快適に使えるでしょう。

ただ、ものすごく速いわけではないです。さすがにConoha WINGみたいなサーバーほどは速くないのですね。

タイトルとURLをコピーしました