【ロリポップ】月額500円!進化するハイスピードプランの評判を公開

サーバー
  • ロリポップ!のハイスピードプランってどうなの?
  • ハイスピードって速いと言うけど、ロリポップって遅い印象が…
  • 新しいハイスピードプランの評判が知りたい

ロリポップ!が気になる、そんな方へ。こういった疑問に答えます。

本記事の内容は次の4つです。

  1. ハイスピードプランは評判がいい?他社と比較しました
  2. 急速に「爆速化」しているロリポップ
  3. 知ってほしいハイスピードプランの「デメリット」
  4. ハイスピードプランが人気すぎて〇〇

僕はロリポップ!の他、複数のレンタルサーバーを契約しています。1人のユーザーとして、ハイスピードプランについて評判はもちろんですが、僕が使ってみて感じたデメリットも紹介します。

ハイスピードプランは評判がいいってホント?他社とも比較

ハイスピードプランは評判がいいってホント?他社とも比較

ハイスピードプランの評判

ロリポップのハイスピードプランの評判は、差はあるものの全体的には高評価が多め。先日の大規模リニューアルで、今まで以上に注目が集まっています。

意外にも「明らかに速かった。かなり速い!」という評判が多いです。僕は残念ながらスタンダードプランを契約していますが、それと比べて、ハイスピードプランのサイトは一目瞭然で速いです。

ただ一方で、月額500円という安さ相応という評判もあったりします。(以前は月額1000円でした)

とはいっても、月額500円のパフォーマンスとしては、ハイスピードプランは素晴らしすぎるくらいな印象です。少なくともサイト運営で有利な速度であることは間違いありません。

ハイスピードプランをエックスサーバー・mixhost・Conohaと比較

ハイスピードプランの評判は良さげでも、やはり、機能面・コスト面が本当にいいのか気になります。人気度の高いエックスサーバー、mixhost、Conohaとロリポップハイスピードプランを比べてみました。

今回は様々なレンタルサーバーを利用してきた僕が、重要だと考えた6項目を比べています。この項目以外は、普通のサイト運営では問題となりませんので気にしなく良いでしょう。

ロリポップ
ハイスピードプラン
エックスサーバー
X10
mixhost
スタンダード
ConoHa WINGパック
ベーシック
初期費用なし3000円なしなし
料金(税抜)500円/月900円/月880円/月640円/月
WebサーバーLiteSpeedNginxLiteSpeedNginx
ディスクSSD250GBSSD200GBSSD250GBSSD 250GB
データベースの数無制限無制限無制限無制限
独自無料SSLありありありあり

ロリポップ!のハイスピードプランは、機能面ではエックスサーバー・mixhost・ConoHaと同等にも関わらず、月額500円という安さになっています。見るべきポイントは次の2つです。

  • 初期費用の有無
  • Webサーバーの種類(Nginx or LiteSpeed)

ロリポップ!のハイスピードプランには初期費用がありません。例えば、ブログを始めるとき、エックスサーバーだと初期投資が14000円近くになりますが、ロリポップならたったの6000円でブログが始められます。

また、ハイスピードプランでは、LiteSpeed(ライトスピード)というWebサーバーが使われているのもポイント。

LiteSpeedは新型のサーバーソフトでよく使われているNginxやApacheと比べ、高速。PHPの処理にはLSAPIという方法が使われているので、WordPressの高速表示が期待できます。

mixhostなどでも使われており、当サイトでも使っていますが、気持ちいい速さです。LiteSpeed採用もハイスピードプランの評判が良い理由の1つですね。

急速に「爆速化」しているロリポップ!

急速に「爆速化」しているロリポップ!

ロリポップ!は今でこそ高速ですが、少し前までは遅かった。ロリポップ!が爆速化したのは、「ロリポップ!爆速宣言」が理由です。

ロリポップ!爆速宣言とは?

簡単に言うと、遅い、使えない、と言われてきたロリポップ!の【生まれ変わり】です。ロリポップ!は大きく分けて2回のリニューアルを行っています。ちなみに、爆速宣言で生まれたプランがハイスピードプランなので、運営もハイスピードプランにはかなり力を入れているはずです。

ロリポップ!爆速宣言|ロリポップ!レンタルサーバー

ロリポップ!の何が変わったのか?

サーバーに使われるハードウェア(CPU、メモリ)などが大きく進化しています。ハイスピードプランはそもそも新しいこともあってか大幅な変化はないものの、CPUコア数は1.5倍になりました。

従来のハードウェアと比較し、CPUコア数が1.5倍、CPU処理能力が1.25倍、メモリ数が1.5倍に変化。

他にはサーバー全プランのSSD化がなされた他、新サーバーに移行すれば、サーバー性能が従来の2倍以上になります。ハイスピードプランでは、ディスク容量とデータベース数にも変化がありました。

従来のプラント比較し、ディスク容量が200GBから250GBに、MySQLデータベース数が70個から無制限に変化。

つい先日には、2度目のリニューアルが行われ、全プランが最新サーバへ移行できるようになりました。さらにハイスピードプランが月額500円に値下げされました。これからブログを始めたいという方にも優しい価格になったなという感じです。

知ってほしいハイスピードプランの「デメリット」

知ってほしいハイスピードプランの「デメリット」

ハイスピードプランはエックスサーバーやmixhostに劣らない機能・速さを持っています。評判も結構いい。でも、知ってもらいたいデメリットが実は2つあります。

  • PHPの設定を変更できない
  • ロリポップ!のDNSサーバーしか使えない

その①:PHPの設定を変更できない

ハイスピードプランではLSAPIという高速規格でPHPが動作します。素晴らしいのですが、その反面PHPの設定を自由にカスタマイズできません。PHPの設定をカスタマイズしたい人やする必要のある場合は要注意!

ただ、PHPはWordPressに最適化された設定になっているので、普通のブログやサイト運営上はまったく問題ありません。初心者なら他のサーバーでも気にしない部分になりますので。

その②:ロリポップ!のDNSサーバーしか使えない

ハイスピードプランに限らず、ロリポップ!で独自ドメインを使うには専用のDNSサーバーを使う必要があります。1つの独自ドメインを複数のサーバーを使いたい場合は支障になるかもです。

逆に言うと、面倒な設定をロリポップ!で勝手にしてくれるという便利な機能でもありますね。専門知識がなくても簡単にできるのでどちらかという多くの人にはメリットかと思います。

でもハイスピードプランは人気すぎて〇〇

でもハイスピードプランは人気すぎてサーバー台数不足

「ロリポップ!でいいか不安だ、やっぱり遅いんじゃないの?」ここまで読んだ方の中にはそう思った方もいるはず。僕も使うまでそう思っていました。いくら評判が良くても契約するまではやっぱり不安ですよね。

そんな方に知ってもらいたい。ハイスピードプランは「人気すぎてサーバー台数が不足」しています。ロリポップ!からこんなメールが届きました。

2020年8月5日に実施した全プランリニューアルが大変好評をいただいております。

事前の想定を大幅に超える、プラン変更のお申込みおよび新環境へのアップデートにより、当初予定していたサーバー台数が不足する懸念が出てまいりました。それに伴い、各プランからのハイスピードプランへのプラン変更、ハイスピードプラン内での新環境へのアップデートを一時停止させて頂きます。

ロリポップ!GMOペパボ株式会社

新規での利用はできるものの、なんとプラン変更などができない状況になっています。新サーバーへの移行だけでなく、プラン変更も数多く申請されているようなので、かなり人気になっています。

ハイスピードプランの安さ・性能のコストパフォーマンスの良さに惹かれた人が多いのだと思います。現時点での評判もいいですし、これからもっと人気になるであろうハイスピードプラン。お試しは無料なので、まずは試してみてもいいのかなと。

タイトルとURLをコピーしました