格安サーバーXREAの評判はいい?【2年以上使っている僕が解説】

サーバー

「XREAの評判について知りたい」「XREAを契約しようか迷ってるけど、どんな感じなの?」

こういった疑問をお持ちの方へ。この記事では、レンタルサーバーXREAの評判について紹介します。

本記事を書いている僕は、2年以上XREAを使っています。良い点も悪い点も、ユーザー目線で紹介できると思います。このブログは、XREAの上位版であるコアサーバーで運営しています。

格安サーバーXREAの評判はいい?

格安サーバーXREAの評判はいい?

結論から言うと、XREAの評判は「おおむね良い」といった感じです。理由は次の3つです。

  • 無料で使える(料金の安さ)
  • 自由度が高い
  • 障害やドメイン関連で評判が微妙

では、良い面と悪い面に分けて順番に解説します。

良い面

XREAの最大の特徴は、なんといっても料金の安さです。XREAには、無料版と有料版の2プランがあり、無料版でも、データベースやメール機能、WordPressを使うことができます。

これが人気を呼んでおり、実際に、僕が登録した2年前よりも、サーバーの台数が増えています。つまり、使うユーザーが増えているんです。僕の周りでもXREAを使っている人はよく聞きます。

また、有料版では月額191円で、ストレージ100GBを使うことができる他、データベースも合計10個まで作成できます。価格で言えば、もっと安いサーバーもありますが、機能面では、XREAより安いサーバーはまずありません。

次に、XREAは非常に自由度が高いです。無料版でもSSH接続が可能なので、知識があれば、幅広い使い方をできると思います。

悪い面

XREAの悪い面は、サーバー障害やドメイン関連でトラブルが起こりやすいことです。

XREAを運営しているバリュードメインユーザーフォーラムを見ると分かるのですが、サーバー障害やドメイン関連で苦情が寄せられています。

僕も、過去にサーバーアカウントを知らないうちに削除されたり、サーバー障害でデータベースが消えたりしたこともあります。そういったことを経験した方のXREAの評価は、低いかなと思います。

XREAを2年以上使っている僕の感想

XREAを2年以上使っている僕の感想

初めに紹介したとおり、僕は現在まで2年以上XREAを利用しています。また、このブログでは、サーバーにXREAの上位サービスであるコアサーバーを使っています。その僕のXREAについての感想を紹介します。

自由度が高くて素晴らしい

先程も述べたとおり、XREAはこの安さのサーバーの中では、非常に自由度が高いです。

一般的なレンタルサーバーの場合、使えるプログラミング言語は、PHPとPerl(CGI)に限定されていることが多いです。しかし、XREAでは、例えば、次のような言語を使うことができます。

  • Python
  • Ruby
  • C/C++
  • Perl
  • PHP

PythonやRubyが使えることにより、WordPressだけでなく、DjangoやRuby on Railsといったフレームワークも動かすことができます。

僕もXREAの無料プランでRuby on Railsを動かしています。しかし、これらは公式にサポートがある範囲ではないので、知識がないとかなり厳しいと思います。

障害などに要注意

XREAは、価格が安い、無料といったメリットの一方、障害やアカウント凍結になりやすいというネガティブな面もあります。

僕は、今までにXREAのアカウント凍結にあったことがあります。理由は、ホームページを公開していない、とのことでした。XREAの無料プランでは、ホームページを公開せず、利用することが禁じられているので注意してください。

また、サーバー障害にも注意です。僕は、XREAではなく、コアサーバーで障害にあり、データベースが消えました。違うサービスですが、運営は同じです。本格的にブログ等を運営する場合には、たとえ有料プランであってもバックアップをきちんと取るべきです。

まとめ

XREAは料金の安さなどから、非常にコストパフォーマンスがよいサービスで、自由度もとても高く、人気があります。

その一方で、少し注意したほうがいい点もあります。実際に使う際には、その辺りも忘れないようにしましょう。無料プランから使えるので、いろいろと、迷っている方はまず試してみるといいと思います。

タイトルとURLをコピーしました