激安で超高速160MB/s、SanDiskのUSBメモリレビュー

ガジェット

PCからPCにデータを移動したいときやPC内に保存したくないデータの保存にUSBメモリって使いますよね。でも、速度面が気になったり、安全性やそもそもの値段などいろいろ悩むところがあるはず。

この記事では、USBメモリを購入しようと思っている方向けに僕が購入したSanDisk製のUSB3.0メモリを紹介しながら、安く買う方法などを説明していきます。

今回買ったSanDisk Ultra Flair USB 3.0 Flash Drive

購入したのは、SanDisk製のUltra FlairのUSB3.0メモリです。秋葉原にある「あきばお~」の店頭で450円ちょうどで入手することができました。洗練されたシンプルなデザインが気に入ったのでこれにしました。こんな感じの商品です。

見て分かる通り、並行輸入品です。しかし、価格も安く、また「あきばお~」での2週間の初期不良の保証がついているのでそこまで気にする必要はないと思います。物自体は他の商品と変わりませんので。

僕が購入したのは16GBですが、他にも32GB、64GB、128GB、256GBのラインナップがあります。使う用途に合わせて購入するとよいでしょう。

上の写真だと少しメモリのサイズが分かりにくいので一円玉と並べてみました。かなり小さいことがわかります。ちなみにこのUSBメモリはスライド型や蓋のついているタイプではなく、そのままUSBポートに差し込めます。

どこで購入できるの?

僕は秋葉原の「あきばお~」という店で購入したのですが、秋葉原に簡単に行けない方もいらっしゃると思うのでいろいろ紹介します。

①あきばお~の店舗

全部で秋葉原に8店舗と江東区に1店舗があります。基本的にどの店でも扱っていると思いますが、江東店などは事前に確認したほうがいいかもしれません。アクセスや店舗情報は公式ホームページでわかります。

あきばお~全店舗案内 | インターネット・あきばお~
秋葉原からお買い得で面白い商品を激安価格でお届けする通販ショッピングサイトです。パソコン周辺機器、AV家電、スマートフォンアクセサリーほかメモリーカード、記録メディア、おもちゃや雑貨まで、バラエティ豊かに毎日大量入荷!

②あきばお~のネット通販

あきばお~をかなり強く紹介していますが、それは一番安いからです。実はネット通販もあったりします。今回紹介した商品よりも安いものもあります。

あきばお~ネット本店-秋葉原直営10店舗 欲しいものが必ずある
秋葉原からお買い得で面白い商品を激安価格でお届けする通販ショッピングサイトです。パソコン周辺機器、AV家電、スマートフォンアクセサリーほかメモリーカード、記録メディア、おもちゃや雑貨まで、バラエティ豊かに毎日大量入荷!

今回の紹介したSanDisk Ultra Flair 16GBはこちら↓

サンディスク SanDisk 海外パッケージ サンディスク USBメモリ 16GB SDCZ73-016G-G46 USB3.0対応 | あきばお~ネット本店
サンディスク SanDisk 海外パッケージ サンディスク USBメモリ 16GB SDCZ73-016G-G46 USB3.0対応 | 秋葉原からお買い得で面白い商品を激安価格でお届けする通販ショッピングサイトです。パソコン周辺機器、AV家電、スマートフォンアクセサリーほかメモリーカード、記録メディア、おもちゃや雑貨...

③楽天市場

楽天でも購入できます。 あきばお~に比べるとちょっと高く感じるかもしれませんが、キャッシュレス還元や楽天会員ポイントがついたりするものもあるので、楽天をよく使う方にはおすすめです。そして16GBの場合は563円なので割と安く買えるようです。

【楽天市場】sandisk ultra flairの通販

楽天市場で他のUSBを探すのも意外にありでしょう。

楽天市場

④アマゾン(amazon.co.jp)

アマゾンでも購入することができます。やはり、高いのでもし、アマゾンで購入したいという場合は今回紹介した商品ではなくて、他の商品も見てみるといいかもしれません。個人的にはポイントもあまり付かないのでそんなにおすすめではありません。

Amazon.co.jp: sandisk ultra flair
Amazon.co.jp: sandisk ultra flair

ベンチマーク結果(速度テスト)

商品のパッケージ上は、秒間読み込み130MBということだったので実際にベンチマークで計測してみました。実験環境はWindows 10 Home 64bit、USB3.0です。ここではCrystalDiskMarkという有名なディスク速度測定ソフトを使っています。

結果はこのようになりました。

「Read」を書かれた右側の上の2つを見てください。「SEQ1MQ8T1」というのはディスクの連続した領域を読み込んだ場合の速さを表しています。なんと、130MB/sどころか、160MB/sを超えています。とても快適な速さですね。次に2番めの項目「SEQ1MQ1T1」を見てみましょう。こちらもどうようにディスクの連続した領域に読み込んだ場合の速さを表しています。160MB/sもでています。

でも、下の2つを見てみましょう。8MB/sくらいしか出ていません。こちらは、連続領域ではなく、ランダムな領域から読み込んだ速さを表しているので、速度が低下したのでしょう。

では、書き込み速度「Write」と書かれた左側に移っていきます。こちらも読み込みと同様、上2つが連続した領域への書き込み、下2つがランダムな領域への書き込み速度を示しています。もちろん読み込み速度に比べれば、遅いですが、最大で30MB/s弱出ているので十分でしょう。すこしこれだけだと分かりにくいですが、単純計算でJPEG形式の写真が少なくとも一秒間に20枚弱書き込めます。

暗号化機能

最後にこのUSBについている暗号化の機能を紹介します。このSanDiskのUSBには初期でSanDiskSecureAccessという暗号化保存用のツールが同梱されており、機密情報(証明書の写しなど)を設定したパスワードで暗号化してUSBに保存することができるんです。以下の画像のように初めから関連ファイルが入っています。Windows・Mac両方に対応しているので両方使うユーザーやMacユーザーの方でも大丈夫です。

個人利用だとあまり用途がないかもしれませんが、職場や会社で使う場合には、資料を持ち出す際のセキュリティアップになるかもしれません。

今回紹介したSanDisk製のUSBいかがでしたでしょうか。僕がいつも使っている「あきばお~」では安くPC関連品を入手できるのでおすすめです。ネット通販もあるので遠くていけないという方も一度見てみてください。

あきばお~ネット本店-秋葉原直営10店舗 欲しいものが必ずある
秋葉原からお買い得で面白い商品を激安価格でお届けする通販ショッピングサイトです。パソコン周辺機器、AV家電、スマートフォンアクセサリーほかメモリーカード、記録メディア、おもちゃや雑貨まで、バラエティ豊かに毎日大量入荷!

楽天

タイトルとURLをコピーしました