【1分で無料発行】学生も持てるVISAカードKyashが得な理由

マネー

クレジットカードは審査が必要、デビットカードも本人確認など発行に面倒な手続きが必要ですよね。特に、大学生や高校生は年齢制限もあったりして「カードがもてない」もしくは「作りたいけど面倒くさいなあ」となると思います。

この記事では、誰でも本人確認不要で作ることができるVISAのプリペイドーカード、「KYASH」について紹介していきます。

僕は高校生ですが、実際にスマホのアプリから発行して使っています。発行も本当に簡単です。「実際に使えるの?」とか「制限あるんじゃない?」と少しでも疑問のある方はぜひお読みください。

そもそもKyashとは?

公式サイトには

Kyash Visaカードは、お手持ちのカードを

「便利に」「お得に」「安心に」するカードです。

これからのキャッシュレスはKyashで。

https://kyash.co/

と書いてあります。これだけだと、そもそもカードを持っている人向けに聞こえますが、決してそうではありません。

カードを一枚も持っていなくても、KyashでVISAのプリペイドカードを発行して、便利に使うことができるんです。

Kyashでできること

では、具体的にどんなことができるのかを説明していこうと思います。

Kyashアプリでプリペイドカード発行!

まず、Kyashではプリペイドカードを発行することができます。VISAブランドのカードなので安心して使えます。クレジットカードみたいに審査は必要ありません。「なんで?怪しい」と思われるかもしれませんが、プリペイドカードはクレジットカードとは異なり、事前に自分でチャージした金額しか使えない仕組みだからです。

カードの発行には2種類あり、「バーチャルカード」と「リアルカード」があります。

  • バーチャルカード
  • リアルカード

バーチャルカードはアプリ上ですぐに発行できるカードで、オンライン決済とGoogle Pay(QUICPay)で使用することができます。支払金額の0.5%がKyashのポイントとして還元されます。その他に、キャッシュレス還元事業の対象になれば、さらに最大5%の還元を受けられます。海外のオンライン決済でも使用することができるので、「海外サイトにクレジットカード番号は入れたくないな」というときにも活用できます。僕自身も最初は海外サイトでの決済のためにKyashを使い始めました。

リアルカードは簡単にい言えば「本物」のカードです。オンライン決済に限らず、日本国内の実店舗でも使用できます。バーチャルカードとは異なり、1%の還元を受けることができます。VISAの加盟店であれば、使用できるので使える場所は意外と多いと思います。ただし、暗証番号を設定できないためJRの券売機などでは使用できないので注意が必要です。 公式サイトから申請が可能で申請後2週間弱くらいで届きます。必ずしもバーチャルカードを発行してから、申請する必要はなく、僕の場合はバーチャルカード発行後に申請して、10日で自宅に郵送されました。注意点はバーチャルカード発行後にリアルカードを登録すると、バーチャルカードのカード番号がリアルカードのものに変更されることです。もちろん残高は引き継がれます。

友人・家族間の送金・請求

Kyashを使っている友人、家族同士でアプリから送金を行うことができます。手数料は一切かかりません。割り勘をするときや一斉集金のときなどに使うと便利です。リンクを使って送金することもでき、TwitterやFacebookのほかLINEなどでも送金ができます。このリンクを使う場合は相手がKyashを使っていなくても大丈夫です。

ポイントの2重どり

Kyashに登録するカードにもよりますが、ポイントの2重どりをすることができます。例えば、Kyashに登録したカードのポイント還元率が2.5%でKyashでリアルカードを発行していると、合計で1%+2.5%=3.5%の還元を受けることができます。

この逆も然りですが、Kyashカードからチャージが可能な電子マネーはなかなかないので難しいかなと思います。

銀行口座からのチャージ→店頭での支払い

Kyashはクレジットカードやコンビニ、セブン銀行ATMでのチャージのほかに銀行ATM(ペイジー)でのチャージに対応しています。銀行ATMに行かないといけないのか、となりそうですが実はその必要はありません。最近の銀行は多くがスマホアプリやインターネットからの振り込みなどに対応しているので、チャージに使いたい銀行のサイトやアプリからペイジーの支払いを行えば、なんとすべてスマホ上で完結できるんです。これが高校生や大学生とくに未成年にとっても大きなメリットとなると思います。僕は三井住友銀行+Kyashの組み合わせで使っています。チャージから支払いまですべてスマホで完結できるなんて便利ですよね。

追記:Apple Payが使用可能に

KyashがApple Payに対応しました。つまり、iPhoneでタッチ決済ができるんです。詳しくは次の記事をどうぞ。

Kyashに登録するなら今がいい理由

実はKyashに少しでも興味があって登録してみようかなと感じたなら今登録するのがお得です。理由は単純で2020年4月からKyashのサービスが少し変わり、現行のリアルカードの発行が有料(300円)になるからです。さらに、「Kyash Card」というタッチ決済や暗証番号、ICに対応したカードが新たに展開される予定です。ですので、Kyashに少しでも興味があるなら、とりあえず発行しておくといいのかなと思います。本人確認不要ですぐに登録できますのでぜひ。

アプリはこちらからダウンロードできます↓

Google Play で手に入れよう

まとめ:無料なんだからとりあえず作ろう

Kyashには様々なメリットがあります。クレジットカードのように後払いではないので払えなくなってしまったということにもなりません。まだまだ新しい会社なのであまり知られてはいませんし、今は少し利用範囲に制限もあります。しかし、カードのラインナップの革新も発表しているので今後の発展に期待ができるのではないでしょうか。2020年4月以降はリアルカードが有料になるので、無料の今のうちに作っておくと良いのではないのかなと思います。

タイトルとURLをコピーしました