【2020年】無料で050電話番号を取得できるMy050の使い方

ガジェット

無料で050電話番号を使いたいという方へ。

この記事では、無料で050の電話番号を取得できるサービスの1つである「My050」の使い方を解説していきます。僕はMy050を一年以上使っています。詳しく解説するので、分からない方も安心してください。

ブラステル|My 050(マイ050) - Brastel
My 050は通話がお得なプリペイド型のIP電話サービス。月額料無料。050から始まる専用の電話番号を無料発行。

無料で050電話番号を取得できるMy050の使い方

無料で050電話番号を取得できるMy050の使い方

My 050は、050の電話番号を取得できるサービスです。050の電話番号は、通常の080や090、070から始まる電話番号とは異なり、インターネット回線を使って通話するIP電話の番号です。

では、My050の使い方を見ていきましょう。

①電話を受ける

My050で電話受ける場合には、特に設定は不要です。事前に、電話をする相手に取得した自分の050電話番号を伝えておくだけでOKです。

My050では、電話を受ける際には、国内外問わず、料金が発生しません。そのため、全くチャージしていない状態でも、電話を受けることができます。

iPhoneの場合、My050の着信は、普通の電話アプリやLINE通話の着信と同じように扱われ、着信音がなります。使い勝手は普通の電話とほとんど変わりません。

②発信する

My050から、電話をかける(発信する)場合には基本的には、料金がかかるので、事前にMy050にお金をチャージしておく必要があります。(チャージ方法は次で解説しています)

ただ、My050で取得した番号同士での通話は、どちらからかけても通話料が発生しません

つまり、それ以外の場合は通話料金が発生します。日本の場合、My050の発信料金は以下の表のとおりです。国内の固定電話の場合は、3分で8.79円と非常に安いのですが、国内の携帯電話に発信する場合は、1分で20円弱取られるので、あまり安くないです。

通話料金(税込み)
My050から国内の携帯電話19.8円/分
My050から国内の固定電話8.79円/3分
(1分辺り、2.93円)

ちなみに、ダイヤルする画面はMy050のアプリ内にあり、こんな感じです。スマホの純正アプリからは050で発信できません。

My050のダイヤル画面

③チャージする

My050は、「Brastel(ブラステル)」という会社がやっているので、チャージ料金の支払いはBrastelになります。

チャージは、大きく分けて次の3つあります。

チャージ方法
  • コンビニエンスストア
  • クレジットカード
  • PayPal
  • カードリチャージ認証店

上の3つのいずれかの方法でチャージすればよいのですが、現実的には「コンビニエンスストア」または「クレジットカード・PayPal」になると思います。

カードリチャージ認証店

カードリチャージ認証店というのは、Brastelが公式に認めている代理店のことなのですが、そもそも数が少ない上、ビルの中にあったり、マンションの中にあったりして利便性も悪いのでおすすめできません。

クレジットカード

一番のおすすめはクレジットカード決済です。手間などを考えると一番便利な方法です。

クレジットカード決済の場合、チャージ残高が一定の金額以下になったら自動でチャージするというオートチャージを使うことができます。VISAS・Mastecardには、対応していますが、JCBは使えないので注意が必要です。

コンビニエンスストア

コンビニエンスストアでチャージする場合は、Amazonや映画チケットなどのコンビニ支払いと同じような形でチャージすることができます。コンビニによって多少異なりますが、ほとんどのコンビニが対応しているので、普段使っているところでやればOKです。詳しい操作方法は、Brastelが公式ページで紹介しているのでご覧ください。

ブラステルカードの入金(リチャージ)方法 - Brastel
ブラステルカードは、コンビニエンスストア、クレジットカードまたはペイパル、最寄りのカードリチャージ認証店でお支払いできます。

My050を使う上での注意点

My050を使う上での注意点

基本的な使い方はわかっていただけたと思いますが、My050を使っていく上で注意すべき点がいくつかあります。簡潔にまとめると、3つです。

  • 電話番号の有効期限が1年間(例外あり)
  • 使えない場合がある
  • SMS認証・電話認証には使えない

まず、My050では、取得した050電話番号の有効期限が1年間となっています。

これには、例外があり、取得してから一年間の間に、有料通話や残高のチャージがあった場合は、その最後の日付から1年間の有効期限となります。ある程度使うのであれば、あまり気にする必要はないでしょう。

また、My050は、ネットワーク環境や発信先の電話番号によって使えないことがあります。最近は、4G回線が主流なのでネットワーク上の問題はあまりないと思われますが、発信先がIP電話(050)に対応していなかったり、拒否していたりする場合には、My050は使用できません。

最後に、My050は、TwitterやGoogleなどのSMS認証・電話認証には使えません。多くの場合、SMS認証の電話番号に050を使うことはできなようになっているからです。僕もTwitterのSMS認証に使おうとしたのですが、ダメでした。

まとめ

電話番号が2つ欲しい場合や、使い捨ての電話番号が必要な場合、My050はおすすめです。ただ、料金の安さゆえ、注意すべき点もいくつかあります。うまく使えば、電話代を抑えることもできるともうので、気になる方はぜひご利用ください。

タイトルとURLをコピーしました