【超格安スマホ保険】justInCaseはAndroid版も凄い

ガジェット

iPhoneの格安スマホ保険で有名なjustInCase(ジャストインケース)が、ついにAndroid向けのスマホ保険をリリースしました。これで、iPhoneでしか使えなかった、格安スマホ保険のjustInCaseがAndroidでも使えるようになったんです

「justInCaseってなに??どんな保険なの??」「どんな特徴があるのか知りたい」

という方へ、justInCaseのAndroid向けスマホ保険の凄いところを紹介していきますね。iPhoneユーザーの方は、下の記事でまとめてるのでそちらをどうぞ!

justInCaseのスマホ保険ってなに?

justInCaseのスマホ保険ってなに?

justInCaseは、ITを使った保険を主に展開する新しいスタイルの保険会社です。

圧倒的に有名なのが、iPhone向けのスマホ保険で、月額たった500円だけで、スマホの補償がしてもらえちゃう格安の保険です。

今までは、そのiPhoneのみだったのですが、今回、Android版がリリースされました。僕は、iPhoneのjustInCaseを使っていますが、料金やサービス内容などとてもお得です。

justInCaseの特徴は、スマホアプリで保険の加入から、保険金請求まで完結できるところにあります。面倒な手続きが一切不要なので、誰でも簡単に契約できます。

スマホ保険/クレカ付帯保険チェッカー|justInCase

スマホ保険/クレカ付帯保険チェッカー|justInCase

justInCase, Inc.posted withアプリーチ

justInCaseのAndroid版の料金・内容ともにお得

justInCaseのAndroid版は、一般的なスマホ保険と比べて、料金・内容ともにかなりお得です。

保険金が圧倒的に安く、保険内容も充実しているのが理由なのですが、何が凄いのかよく分からないですよね。そこで、ドコモの「ケータイ補償サービス」と比較してみます。

①料金←月額370円

justInCaseのAndroid向けのスマホ保険は、月額370円から使えます。プランは「自己負担金あり」と「自己負担金なし」の2つがあります。

自己負担金ありのプランでは、スマホが壊れたり、盗まれたりして保険金をもらう際に、3500円を自分で負担するプランで、月額370円です。補償上限は、50000円です。

自己負担金なしのプランは、justInCaseがすべて負担してくれるプランで、月額482円です。補償の上限は、50000円です。

iPhoneのスマホ保険では、機種で料金が違うのですが、Androidの場合は、機種関係なく一律料金になっているのがポイント。高級なスマホでも、数百円で保険に入れちゃいます。

保険の月額料金を料金をドコモの「ケータイ補償サービス」と比較してみると、

Android版justInCaseケータイ補償サービス(docomo)
月額料金370円・482円500円〜1000円(機種による)

となっており、justInCaseの方が安いことが分かります。でも、料金が安くても、保険内容が充実していないと困りますよね。では、サービス内容も見てみましょう。

②保険の内容(補償内容)

justInCaseの補償内容は次の4つです。

  • スマホの画面割れなどの破損
  • スマホ内部の故障
  • 突発的な水濡れ
  • 盗難紛失

これらによって、スマホを修理したり、交換したときには、加入しているプランによらず、保険金を受け取ることができます。

ポイントは、盗難や紛失が補償される点です。携帯会社などのスマホ保険では、盗難・紛失による損害が補償されなかったり、オプションだったりするのですが、justInCaseでは、どのプランでも盗難・紛失が補償してもらえます。

justInCaseのメリット・デメリット

justInCaseの良いところ・微妙なところ

justInCaseがどんなスマホ保険なのか紹介してきましたが、メリット・デメリットが気になりますよね。

僕がjustInCaseを使って感じたことも踏まえつつ、加入を検討している方向けにまとめてみました。

justInCaseのメリット←割引がある

justInCaseの最大の特徴であり、メリットであるのは、絶対「料金の安さ」です。多くの人にとってこれが、justInCaseを使う理由になるのは間違いないでしょう。

でも、料金の安さ以外にもいろいろなメリットがあります。

justInCaseのメリット
  • 中古スマホ・SIMフリースマホでも加入できる
  • 3ヶ月単位での契約
  • 安全に使えば使うほど安くなる(安全スコア)

例えば、justInCaseは中古で購入したスマホや、SIMフリースマホでも加入できます。大手のサービスが使えなくても、justInCaseは使えるんです。

契約期間も3ヶ月単位なので、短期間だけの保険もOKです。また、安全に使えば使うほど保険料が安くなるので、凄い。

僕は、iPhone7で月540円なのですが、次回は、180円以上の割引が適用されます。

justInCaseのデメリット

そんな素晴らしいスマホ保険justInCaseですが、もちろんデメリットもあります。僕が特に感じているのは、事故や故障時の対応サービスです。

Softbankやdocomoなどの保険サービスでは、すぐに代替端末を用意してくれるのですが、justInCaseは自分で修理するか、交換するまでスマホを使うことができません

また、保険金の請求タイミングが、修理や交換の後なので、まずは自分で修理費用や交換費用を払う必要があります。その他にも、

justInCaseのデメリット
  • 紛失時にスマホの場所を探してもらえない
  • 修理などで細かいサポートが受けられない
  • 保険金の上限が50000円

などのデメリットがあります。

ですが、料金の安さというメリットが大きいことを考えればそれ相応のサービスかなと思います。なので、お年寄りなどには、おすすめできません。でも、スマホにある程度詳しく、情報収集ができれば、全然問題ないのではないでしょうか。

まとめ:justInCaseは凄い

justInCaseのAndroid版は、iPhone版より安く加入できます。デメリットもなくはないですが、基本的には料金が安いなどのメリットが大きいのが事実です。ストレートに言って凄いですね。

まだAndroid版は、リリースされたばかりですが、これから人気になると思います。ぜひスマホを購入したり、保険に入るときには、検討してみてください。

スマホ保険/クレカ付帯保険チェッカー|justInCase

スマホ保険/クレカ付帯保険チェッカー|justInCase

justInCase, Inc.posted withアプリーチ

タイトルとURLをコピーしました