マネーフォワードビジネスカードは便利?実際に発行して分かった評判

クラウド会計で知られるマネーフォワードは、個人・法人向けにマネーフォワードビジネスカードを発行していました。

年会費無料、ポイント還元ありなど良さそうだったので、早速発行してみたので、その感想、メリット・デメリットを紹介します。
» マネーフォワードビジネスカードの発行

マネーフォワードのビジネスカードの発行を考えている方、どういうものなのか詳しく知りたい方は、実際の画像も載せましたので、よく見てみてください。

マネーフォワードビジネスカードのメリット

まず、マネーフォワードビジネスカードの良いと思えた部分、メリットについて。主に4つあります。

  • 与信審査がいらない・信用情報に影響しない
  • ポイント還元1%(~3%)
  • 海外手数料が実質無料になる
  • マネーフォワードと連携できる

与信審査がいらない・信用情報に影響しない

今回の発行の決め手とも言えるのが、与信審査がいらないことでした。

マネーフォワードビジネスカードは、クレジットカードではなく、プリペイドカードです。事前にチャージした金額の中で、決済できる仕組みなので、与信審査がありません。

見た目はクレジットカードと同じ

僕はクレジットカードを大量に発行することに抵抗があるので、信用情報に影響しないプリペイドカードが魅力的でした。

与信審査がない分、発行の手続きも簡単で良かったです。ちなみに、発行はすべてネットで完結しました。

ポイント還元率1%(~3%)

マネーフォワードビジネスカードでは、ポイントが1%還元されます。しかも、1ポイント=1円です。

年会費無料のビジネスカードでポイントが1%還元されるものはそう多くないので、これも気にっているポイント。ポイントだけに笑。

なお、マネーフォーワード公式サイトには、ポイント最大3%還元と書いてあります。しかし、3%になる支払いは、マネーフォワードの製品購入だけなので、この書き方はどうなんでしょう。。。

通常はポイント1%還元だと知ったときは残念でしたが、それにしても年会費無料で、ポイント1%還元は嬉しいです。

海外手数料が実質無料になる

マネーフォワードビジネスカードは、海外手数料が実質無料になります。

どうやら海外手数料の分だけポイント還元されるようです。。実際にどういうレートが適用されるのかは試していないので不明ですが、冷静になるとかなりお得だとわかります。

一般的なクレジットカードであっても、海外手数料は2~3%ほど取られますから、プリペイドカードで海外手数料が実質タダになるのは驚きです。

もしかすると、海外旅行においては、マネーフォワードビジネスカードで決済したほうが、得かもしれないくらい。海外手数料が実質無料、は本当に良いところだといつも思います。

マネーフォワードと連携できる

当然のことながら、マネーフォワード発行のビジネスカードは、マネーフォワードのクラウド会計と連携できます。つまり、カードで決済した取引を自動で入力してくれます。

僕は、マネーフォワードのクラウド会計は使っていませんが、使っている人なら便利ですね。

想像ですが、マネーフォワードが無料でビジネスカードを発行してくれる最大の理由は、この機能にあると思います。集客の一環なのではないでしょうか。。。

マネーフォワードビジネスカードのデメリット

もちろんマネーフォワードビジネスカードにはデメリットもありました。

メリットだけ見ると、こんなお得なカードないだろ、とすら思えますが、さすがに微妙な部分も見つけました。

まあ、無料のカードとしては十分で、許容すべき範囲でしょう。その上で、気になったのは次の3つ。

  • チャージ方法が銀行振込だけ・しかも振込先がネット銀行
  • 店舗によっては使えないことがある
  • Apple Pay・Google Pay非対応

チャージ方法が銀行振込だけ・しかも振込先がネット銀行

1つ目のデメリットは、チャージ方法が銀行振込だけで、さらに振込先が「GMOあおぞらネット銀行」ということ。

チャージ方法が銀行振込であるため、残高を追加するには、毎回ネットバンキングやATMなどで振込手続きをしないといけません。

まだPayPayなどで使われている自動の口座振替だと便利なのですが、マネーフォワードビジネスカードは銀行振込での入金しかできません。

しかも、振込先が「GMOあおぞらネット銀行」になっています。僕は、GMOあおぞらネット銀行で講座を持っていますが、ネット銀行なので持っていない方も多いでしょう。

ビジネスカードの入金で振込手数料を払うくらいなら、銀行のビジネスでビットを使ったほうが良くないか?となってしまいそうです。

店舗によっては使えないことがある

2つ目は、プリペイドカードであるため、店舗によっては使えないことがあります。たとえば、

  • ホテル
  • 病院
  • ガソリンスタンド

では使えない可能性があります。また、経験上、従量課金のサーバーサービスなどでも使えないことは十分にあると思います。

僕にとっては、プリペイドカードの発行のしやすさの方が勝っていたのであまり気にしていません。用途によって、プリペイドカードで大丈夫かどうかは変わってくるでしょう。

Visa加盟店であれば、普通は問題なくプリペイドカードが使えるでしょう。プリペイドカードを3年以上使っていますが、使えないことってあんまりないので、そこまで気にする必要はないかもしれません。

Apple Pay・Google Pay非対応

最後のデメリットとして、マネーフォワードビジネスカードは、Apple Pay・Google Payに対応していません。

Apple Pay・Google Payに対応していれば、スマホをピッとタッチして決済できるので便利なのですが、さすがに対応していませんでした。

公式サイトには、

現在対応に向けて準備を進めています。対応が完了するまでお待ちください。

と書いてあるので、今後に期待しましょう!

なお、物理カードでのタッチ決済はすでにできるので、カードをかざすだけでピッと決済することはできますね。とてもありがたい。

» マネーフォワードビジネスカードの発行

マネーフォワードビジネスカードの申込み手順・発行までの期間

マネーフォワードビジネスカードの特徴がわかったところで、僕が申し込んだ際の手順、発行までの日数を確認してみます。

発行までは、ちょうど1週間

マネーフォワードビジネスカードは発行してから、ちょうど一週間後に届きました。

木曜日に申し込んで、その日のうちに身分確認の審査が終わって、次の週の木曜日にカードがやってきました。Visaカードが届くわけなので、プリペイドカードとはいえ、簡易書留でした。

カード発行はネットから申し込める

カードの発行は、マネーフォワードの公式サイトから申し込めました。ネット以外で申し込む方法はおそらくないでしょう。

まずはメール認証。

メール認証が終わると、パスワードを設定できる画面になります。

その後は自分の情報を入力します。入力項目は多くなく、個人事業者の場合、

  • 氏名
  • 住所
  • 生年月日
  • 発行するカードに設定する限度額・暗証番号など

だけでした。一応ビジネスカードとなっていますが、別に個人で申し込んでもいいようです。公式にも、個人・個人事業主と表記されていました。

スマホで本人確認

必要な内容を入力したら、スマホで本人確認をします。ここ数年、スマホで本人確認がものすごく流行っている気がします。

上記の申し込みページの指示に従って、アプリをダウンロードして、本人確認すれば大丈夫。上の作業をパソコン、本人確認だけスマホでも、全然問題ありませんでした。

自分は、写真の撮り方を間違えて再審査になりましたが、ちゃんと指示に従えば、5分もかからずに終わるはずです。

必要な書類や写真を撮り終えたら、指示通り申し込むだけ。僕のときは、数時間後に審査完了メールが来ました。

カードが届いたら有効化

本人確認できたらあとは待つだけ。一週間くらいしてカードが届いたら、カードを有効化します。シンプルなデザインの封筒が届きました。

カードが貼ってある台紙にQRコードが載っているので、それをスキャンしたらすぐに有効化が完了。これでカードが使えるようになりました。

あとは銀行振込でチャージして、お店で使うだけ。とてもかんたんな印象でした。すぐに発行できて、すぐに届く、すごくいいですね。

» マネーフォワードビジネスカードの発行

マネーフォワードビジネスカードは本当に便利なのか?

マネーフォワードビジネスカードは本当に便利なのでしょうか?

筆者の僕は、マネーフォワードビジネスカードの特徴がとてもニーズにあっていて、満足しています。しかし、人によっては違うかもしれません。

クレジットカードではない

マネーフォワードビジネスカードで唯一指摘する部分があるとすれば、クレジットカードではないというところ。

クレジットカードではないので、多めの資金を翌月に払いたい、とか、分割払いにして急な支出の負担を抑えたいとかといったニーズには向いていません。

ビジネスカードといいつつも、中身はプリペイドカードなので、ここが他のビジネスカードとの一番の違いと言えるでしょう。

でも、とりあえずビジネスカードを用意するなら便利

でも、とりあえずビジネスカードを用意したい、作っておきたいという方には便利だと思います。身分確認さえすればよく、与信審査はそもそもいらないわけで、とても簡単に作れます。

事業とプライベートの支出を区分するのにも、専用のビジネスカードがあると確かにしやすいです。

つまり、資金調達のような目的以外であれば、本格的なビジネスカードとして使えるのではないかと思っています。ポイント還元1%ですし、作っておいて損はないはず。

どうしてビジネスカードが必要なのか改めて考えてみて、気になったらまず発行してみると良いでしょう。» マネーフォワードビジネスカードの発行

コメント

タイトルとURLをコピーしました