独自ドメインを取得してメールのみ使う方法【月額200円でも可能】

独自ドメインの取得というと、Webサイトの公開のイメージが強いですが、独自ドメインを取得してメールアドレスだけを使いたいというケースもありますよね。

  • 独自ドメインを取得して、メールアドレスだけ使いたい。Webサイトは今はいらない。
  • Webサイトを作らずに、メールアドレスだけ運用する方法が知りたい。

といったニーズに答えるべく、本記事では、独自ドメインを取得して、メールのみを使う方法を解説します。

筆者は、個人でドメインを10個以上所有しており、メールサーバーの構築も行ってきました。メールのみを運用できる仕組みや、あとからWebサイトを追加する方法まできっちりと説明していきます。

独自ドメインを取得して、メールのみを使うことは可能

まず、独自ドメインを取得して、メールのみを使うことは可能です。

Webサイトなし・メールアドレスのみはできる

一般に、ドメイン取得=Webサイトの公開という印象がとても強いです。しかし、実際には、ドメインを取得して、メールのみ使うことだってできるんです。

つまり、example.comというドメインを取得したとすると、

  • Webサイト(https://example.com/)は作らない。そもそもアクセスできない。
  • メールアドレス(info@example.com)ではメールの送受信ができる。

といったメールだけの、Webサイトを公開しないドメインの使い方が可能です。

そして、こうした使い方でも、難しい設定はありません。むしろ、Webサイトがない分、維持管理がかんたんになっていると思います。

独自ドメインを取得してメールのみ使うメリット

独自ドメインを取得してメールのみ使うメリット

この記事を読まれている方の大半は、

ビジネス用にブランディングされたわかりやすいメールアドレスがほしい

と考えていないでしょうか?それが、まさに独自ドメインを取得してメールのみ使うメリットです。

メールアドレスでブランディング

独自ドメインを使うことで、メールアドレスのブランディングができます。これはすでに想像されている通りで、

  • 無料メール:(あなたの名前)@gmail.com
  • 独自ドメインのメール:(あなたの名前・チーム名)@(あなたのお店の名前).jp

といったメールアドレスの命名ができるため、他の人はメールアドレスを見ただけで、どのお店の何という名前なのかといった情報を思い出せます。

このサイトだったら、info@yaseiblog.orgというメールアドレスを使っています。infoなので、問い合わせ全般という意味で命名しました。

さらに、誰でも無料で作れる無料メールよりも、独自ドメインのわかりやすいメールアドレスのほうが、安心感があるはずです。

メールのみだと格安で運用できる

上記に加え、独自ドメインを取得してメールのみを使うなら、とても格安で運用できるというのも隠れたメリット。

独自ドメインのメールアドレスを運用する費用は、

  • 独自ドメイン料金:1年約1000円〜3000円。
  • メールサーバー料金:1ヶ月約100円。

が目安です。両方あわせても月額200円くらいで運用できちゃいます。

一方、独自ドメインでWebサイトも公開するとなると、

  • 独自ドメイン料金:1年約1000円〜3000円。
  • 一般的なレンタルサーバー料金:1ヶ月約500円〜1000円。

と費用が高くなってしまいます。Webサイトの公開に必要なサーバー料金が高いためです。

メールのみに絞るからこそ、安く運用できるということですね。

メールのみの運用にあとからWebサイトは追加できる?

「最初は独自ドメインを取得して、メールのみ使いたいけど、あとからWebサイトを追加できるのか?」そろそろこんな疑問が出てきそうです。

結論としては、ドメインを取得したあと、初めはメールのみを運用し、必要になったらWebサイトも追加する、ことは可能です。

Webサイトをあとから追加することは簡単

メールのみを運用していた独自ドメインに、Webサイトをあとから追加することは簡単です。手順としては、

  1. Webサイトを設置するサーバーを用意(契約)する
  2. 独自ドメインの設定(DNS)を1箇所変える
  3. Webサイトを公開

の3ステップだけです。

メールで使っているサービスと別サーバーでもOK

そして、最初のステップで用意するサーバーは、メールで使っているものと全く別のサービスで問題ありません。

独自ドメインを取得すると、そのドメインに紐付けるサーバーを設定できるようになります。その際、

  • メールアドレスを管理するサーバー
  • Webサイトを公開するサーバー

をバラバラに設定できるからです。

少し専門用語を持ち出すと、独自ドメインの設定項目のうち、

  • 「MXレコード」でメールに使うサーバーを設定
  • 「Aレコード」でWebサイトの公開に使うサーバーを設定

できるようになっています。このあたりは、契約するサービス・サーバー側のガイドがしっかりしていますので、よく確認してみましょう。

独自ドメインのメールアドレス運用におすすめのサービス

独自ドメインのメールアドレス運用におすすめのサービス

独自ドメインを取得して、メールのみを使う方法を解説しました。

ここからは、具体的にどのようなサービスを使えばいいのか、筆者がおすすめするサービスを紹介していきます。とにかく安いものから、有名な大手サービスまであります。

きっと予算、用途にあったものが見つかるはずです。

お名前メール:とにかく安い

お名前メールは、日本最大のドメイン取得サイト「お名前.com」のメールサービスです。

一番の魅力は、とにかく価格が安く、2GBのプランで月約87円、20GBのプランで月約105円ととても安く利用できます。

ドメイン価格をプラスしても、1ヶ月あたり200円ちょっとで使える便利なサービスです。

ドメインの取得からメールアドレスの設定まで、流れに沿って行けばかんたんにできるため、初めての方にもおすすめできます。

KAGOYAメールサーバー

KAGOYAのメールサーバーは、共用プラン月額440円〜と格安で利用できるメールサービスです。

KAGOYAは、クラウドサービスやサーバーを提供する会社です。データセンターを保有しています。

定額料金でメールアドレスを無制限に発行できるため、用途別に複数のメールアドレスがほしい場合や、複数人で使うのにも向いています。

迷惑メールフィルタはもちろん、Webメールも搭載しています。費用を抑えつつも、メール専用のサービスを選びたい方におすすめです。

スタードメイン無料サーバー

スタードメインは、Netowlのドメイン登録サイトです。

スタードメインでは、登録した独自ドメインを、無料で使えるサーバーがあります。ドメイン代だけでメールアドレスが使えるため、とにかく安さを重視したい方、1人で使う方に最適。

Webサイトの公開向けのサーバーではあるものの、メールアドレスを10個まで発行できます。ストレージもSSD20GBと多いので安心です。

これなら月額100円台でメールアドレスを使えますね。

WebArenaメールホスティング

WebARENAメールホスティングは、NTT系列で安心して利用できるメールホスティングサービスです。

本格的なメールホスティングで、アカウント数や容量に応じてプランを選ぶことができます。また、迷惑メールフィルタには、独自のAIシステムが導入されています。

年間91,630円〜であるため、アカウント数が200を超えるなど比較的大きな規模での利用に向けたサービスです。

エックスサーバー

エックスサーバーは、日本シェアNo.1のレンタルサーバーです。Webサイトの公開もできますが、メールアドレスを無制限に作成できます。

ディスク容量が300GB〜と大きいにも関わらず、本来は月額990円〜ですが、今なら月額495円〜で利用できるため、実はコスパ良くメールアドレスを運用できてしまいます。

あとからWebサイトを公開することももちろんできますし、何より情報量が多く使いやすいです。予算に余裕がある方におすすめしています。

Google Workspace

Google Workspaceは、簡単に言うと、Gmailを自分の独自ドメインで使えるサービスです。

普段@gmail.comのメールアドレスで使うGmailを、@example.comのように独自ドメインのメールアドレスで利用できるようになります。

Googleのサービスであり安定性が高く、また、Webメール=Gmailの画面が使いやすいです。Googleドライブやその他のサービスも使えるメリットがあります。

ただ、1アカウント月額680円〜と決して安くないため、Googleサービスを仕事で使う方や、予算を気にしない方向けとなるでしょう。

ドメインを取得して、メールのみ運用はむしろおすすめ

まとめです。独自ドメインを取得して、メールのみを運用するのはむしろおすすめです。

Webサイトを運用しないからこそ、維持管理の手間が最小限になりますし、使うサービスによっては月額200円ほどで独自ドメインのメールアドレスを持つことができます。

忘れてはならないのは、独自ドメインは早いものがちということ。他者に先取りされないうちに、独自ドメインを取得して、メールの運用をはじめて見てください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました