【パターン別】Wi-Fiはスマホで代えられない?必要性はコレだ!

ICT

高性能・高機能なスマホはなんでもできます。YouTubeをみることもLINEをすることもどこでもできますよね。でも、Wi-Fiにつなぐこともありますよね。

「Wi-Fiって本当に必要?スマホだけでも、YouTubeやLINEできるし、そんなにいるのか分からない。」

こんな疑問を持ったことはないでしょうか?たしかに、Wi-Fiがなくてもスマホの4G・LTE回線でインターネットを使えます。一人暮らしとかだと、わざわざWi-Fiを用意するのも面倒くさい。

そこで本記事では、使い方や目的などのパターン別に、Wi-Fiの必要性を解説します。5G時代におけるWi-Fiについても触れていきます。

Wi-Fiはスマホで代えられない?必要性はコレだ!

Wi-Fiはスマホで代えられない?必要性はコレだ!

Wi-Fiの必要性はずばり、次の3点に尽きます。

  • 大容量の通信ができる
  • PC・スマホなど様々な端末で利用できる
  • 通信速度が速い(光回線など)

スマホと比較してみると、これらの3点においてはWi-Fiが上です。特に、通信速度などは明らかかなと思います。

でも逆に言うと、それ以外はあまりスマホと大差がないか、そこまでポイントじゃないかなという感じですね。

Wi-Fiとスマホの4Gの違いはあまりない

ところで、Wi-Fiとスマホなど屋外で使われる4G回線の違いはあまりありません。たしかに通信速度はWi-Fiの方が速いですが、Wi-Fiはインターネットに接続する回線の種類(光ファイバーやADSL)によって速度が変わります。

唯一はっきり異なる点は、Wi-Fiは限られた範囲での通信技術であり、4Gは遠くまで届く電波を使った広範囲での通信技術であるということです。

Wi-Fiはスマホで代えられる?

「じゃあWi-Fiはスマホで代えられるか」というと、それは違くて、結論は人によるということになります。

特に、どういうプランでスマホを契約しているのかによって答えはかなり変わってきます。今回は4パターンに分けて紹介しますね。

注意点として、ここでいうWi-Fiは「ポケットWi-Fi」ではなく、光回線などで接続している高速・大容量なものです。

【パターン別】4パターンで見るWi-Fiの必要性

【パターン別】4パターンで見るWi-Fiの必要性

次の4つのパターンごとにWi-Fiの必要性を解説していきます。自分に近いパターンを理解すればOK。

  • パターン1:格安SIMユーザー
  • パターン2:スマホしか使わない人
  • パターン3:スマホで大容量の通信ができる人
  • パターン4:電話やメールのみしか使わない人

パターン1:格安SIMユーザー

スマホで格安SIMを使う方の場合、Wi-Fiはあった方が良いです。というのも、格安SIMって4Gでの通信容量に制限があることが多いですよね。

その場合、Wi-Fiがないと想像以上にギガを消費し、通信制限に合う可能性が高いです。特に、YouTubeやInstagramなど動画や写真を多く見る人は注意。Wi-Fi環境では、問題がなくても、4Gで通信すると思っているよりも通信枠が消費されます。

パターン2:スマホしか使わない人

スマホしか使わず、PCやタブレットなどを一切使わない人の場合、Wi-Fiの必要性は高くないです。なくても大丈夫かもしれません。

ただ、スマホの契約プランによっては「パターン1」のような通信制限がかかる可能性があるので、スマホでどういう契約をしているかが重要です。通信量無制限!みたいなプランのスマホなら、Wi-Fiはいらないですね。

パターン3:スマホで大容量の通信ができる人

スマホで大容量の通信が可能な場合、たとえば通信量無制限のプランを使っている場合。これは、スマホでデザリングができるかがポイントです。

デザリングとはこの場合、スマホの4G回線を利用して、パソコンやタブレットなどをインターネットに接続することです。簡単に言うと、スマホ経由で他の機器をネットに繋ぐこと。

デザリングできるのなら、Wi-Fiは不要でしょう。特に、一人暮らしなどであればコスト的にもデザリングを利用して、パソコンなどをネットに接続するのがお得。

一方で、デザリングができない場合、これはWi-Fiがあった方がよいです。ただ、「パターン2」のようにスマホしか使わないのなら、Wi-Fiはいらないでしょう。

パターン4:電話やメールのみしか使わない人

電話やメールしか使わない場合、Wi-Fiは不要です。スマホだけでも電話やメールは十分こなせますし、メールや電話では契約のパターンによらずあまり通信量を消費しません。

ここでは、電話やメールを例にしましたがLINEなども同様でして、通信に使うデータ量が少ないならWi-Fiはいらないということになります。ただ、パソコンなどでメールを見る場合はデザリングの可否が大事になりますね。

5G時代におけるWi-Fiの必要性

これから普及が進む5G。5Gが普及してもWi-Fiは必要なのかというのも大きな疑問ではないです。

結論からいうと、速度的にはいらないかもです。5Gは理論上最大20Gbpsという現在のWi-Fi最新規格であるWi-Fi 6の9.6Gbpsを遥かに上回る速度で通信できるとされています。

実際にその速度で通信できるかどうかは別の話ですが、多少の誤差はあるにしろ5Gの方が快適に通信できるでしょう。

Wi-Fiの必要性がなくなるかは別問題

ただし、いくら高速で通信できたとしてもWi-Fiの必要性がなくなるかは別問題。というのも、電波が届かない地域もあるでしょうし、そもそも金銭的なハードルはすぐにはなくならないと思います。

もちろん5G回線を利用したポケットWi-Fiなどもありますが、しばらくはWi-Fiにも一定の必要性はあるのじゃないかと。

Wi-Fiが必要かどうかは、パターンによって異なるものです。5G時代でもしばらくはWi-Fiが必要なことも間違いないでしょう。

タイトルとURLをコピーしました