【どっち?】iPadのWiFiモデルとセルラーモデルの選び方2点

iPadのWiFiモデルとセルラー(Cellular)モデルどっちを買うか迷ってて、WiFiモデルとセルラーモデルどっちにするか判断できる材料がほしい。できれば安いWiFiモデルがいいけど、Cellarモデルを買わなくて後悔しないか不安だ。。。

iPadには「WiFiモデル」と「Cellular(セルラー)モデル」の2種類があり、どっちを選べばいいか迷いますよね?今ではWiFiモデルを使う僕も、買うときには迷いました。

そんな迷いを解決すべく、iPadのWiFiモデルとセルラーモデルの選び方を紹介します。具体的なシーンも提示するので、自分が使う状況を思い浮かべてみてください。

iPadのWiFiモデルとセルラーモデルの違い

早く選び方を説明したいのですが、その前に、WiFiモデルとセルラーモデルの違いを確認します。「そんなの知ってるよ」という方は、こちらから選び方の解説をどうぞ。

WiFiに加えて、4G・5G携帯回線で通信できるのがセルラーモデル

セルラー(Cellular)は英語で「携帯回線」を意味します。つまり、いわゆるスマホで使う4Gや5Gといった携帯回線で通信できるiPadが「セルラーモデル」なのです。

セルラーモデルだからといって、WiFiが使えないということはありません。セルラーモデルは、通常のWiFiでの通信に加えて、携帯回線でも通信ができるモデルです。

しかし、セルラーモデルを買っただけでは、外でネットは使えません

セルラーモデルのiPadで携帯回線を使ってネットを見るには、auやSoftbank、docomoなど通信キャリアとの契約が必要。スマホを使うために契約が必要なのと同じですね。

WiFiモデルよりもセルラーモデルの方が価格が高い

すでにお気づきの通り、WiFiモデルよりもセルラーモデルの方が価格が高いです。たとえば、いわゆる無印の一番安いiPadでも

  • WiFiモデルだと、39800円
  • セルラー(Cellular)モデルだと、56800円

となっており、WiFiモデルよりもセルラーモデルの方が、17000円も価格が高くなっています。

Cellularモデルは、携帯回線を使える機能が付いているので、価格が高くなるのは自然。でも、17000円は高すぎじゃないかな。

以上が、WiFiモデルとセルラーモデルの違いでした。どちらも処理性能や機能はまったく同じで、セルラーモデルだと「携帯回線を使える機能」付き、ということですね。

iPadのWiFiモデルとセルラーモデルの選び方は2つ

iPadのWiFiモデルとセルラーモデルの選び方は2つ

本題です。iPadのWiFiモデルとセルラーモデルの選び方は、次の2つです。

  • WiFiのない場所において、iPadだけで使うことがあるかどうか
  • iPadを買った後に、継続的にお金を出してもいいと思うかどうか

やたら長々しく場合分けする人もいますが、僕はこの2つがすべてだと思う。では、2つのポイントが具体的にどういうことなのか、詳しく説明しますね。

選び方1:WiFiのない場所において、iPadだけで使うことがあるかどうか

まずは、次のような状況を想像してみてください。

  • WiFiのない屋外の公園に、iPadだけを持っていってネットを楽しむ(スマホは持たない)
  • WiFiのない飲食店で、取引先の人にネット上の資料を見せる(スマホには触りたくない)
  • スマホを持っていないので、その代わりにiPadでネットを見たい

イメージできたでしょうか?このように、WiFiがなく、さらにスマホを使わない・使えない状況でiPadでネットを見たければ「セルラーモデル」を検討する価値があります。

というのは、もしスマホを使える状況なら、スマホの回線を使ってiPadをネットに接続する「テザリング」という方法で、WiFiモデルのiPadもネットに繋げます。

しかし、スマホを使えず、WiFiもない状況では、WiFiモデルのiPadをネットに繋ぐことができません。ネットを使うためには、セルラーモデルのiPadが必要です。

WiFiモデルのiPadに加えて「モバイルWiFi」を使う方法もある

実はこのような状況でも、WiFiモデルのiPadとモバイルWiFiを組み合わせると、ネットを使えます。記事後半で解説します。

選び方2:iPadを買った後に継続的にお金を出してもいいと思うかどうか

iPadを買った後に、継続的にお金を出してもいいと思うかどうか、これも大事な選び方のポイントです。

あなたが「セルラーモデル」のiPadを買うとしましょう。このとき、あなたはWiFiモデルよりも17000円〜18000円高いお金を払うことになります。

でも、「セルラーモデル」を買って終わりではありません。セルラーモデルを買っただけでは、外でネットを使うことはできないので、携帯回線の契約もしなくてはなりません。

15GB〜20GBのプランを契約する場合、僕が使っている格安SIMのIIJmioですら最低1130円が毎月必要です。つまり、年間で最低14400円です。

このように、iPadの購入後にも継続的に通信料金を払おうと思えるかどうか、これも大切なポイントなんです。

もし通信料金を払えないなら、セルラーモデルはもったいない。本体価格も安いWiFiモデルを選ぶのが吉です。

iPadのWiFiモデルでも外出先でネットを使えるという事実

iPadのWiFiモデルでも外出先でネットを使えるという事実

実は、WiFiモデルでも外出先でネットを使えないわけではありません。次の2つの方法なら、WiFiモデルでも外でネットが使えます。

  • モバイルWiFiを利用する
  • スマホとテザリングする(iPhoneとの相性が良い)

モバイルWiFiを利用する

モバイルWiFiという、持ち運べるWiFiサービスを利用することで、外でもWiFiを使えるようにできます。WiFiモデルのiPadでも、そのWiFiに接続すれば、公園でもレストランでもネットが使えます。

モバイルWiFiは、必要なときにだけ借りられるので便利です。たとえば、

といった感じになっています。僕はモバイルWiFiをたまに利用します。

スマホとテザリング(iPhoneと相性が良い)

もう一つの方法は、スマホの回線を使ってネットに接続する「テザリング」を使う方法です。

Androidでも可能ですが、iPhoneとiPadのテザリングは相性が良いです。同じAppleIDでサインインすれば、パスワードを入力せずに簡単にテザリングできておすすめです。

しかし、通信容量を圧迫する、スマホの充電が減るというデメリットもある。

【余談】WiFiモデルiPadでも外で使いまくれる

【余談】WiFiモデルiPadでも外で使いまくれる

僕は、WiFiモデルのiPadを使っており、外でも困ることなく使いまくっています。いろいろ工夫しているので、少しシェアしたい。

フリーWiFi自動接続アプリを入れています

フリーWiFiが近くにあるときに、自動でユーザー登録や認証を完了させてくれるアプリで、フリーWiFiの設定の手間を省いてくれます。

タウンWiFi by GMO WiFi自動接続アプリ

タウンWiFi by GMO WiFi自動接続アプリ

TownWiFi Inc.無料posted withアプリーチ

iPad向けではなく、iPhone向けのアプリですが、全く問題なく使えています。

フリーWiFiがない場所ではiPhoneとテザリング

フリーWiFiのない場所では、iPhoneとテザリングしてネットを使います。月4GBの格安SIMを使っていても、YouTubeやInstagramを見ない限り、意外と使えるものです。

iPhoneとのテザリングだと、iPhoneを近くにおいておき、iPadからの設定だけで接続できます。さすがAppleIDというか、Appleすごい。

最近は、モバイルWiFiを使っていません

逆に最近は、モバイルWiFiを使わなくなりました。理由は次の2つ。

  • テザリングで足りる程度の通信量しかしない
  • 行動範囲にフリーWiFiが多くなった

しかし、やっぱりiPhoneをテザリングに使うと、iPhoneの充電が減ります。なので、モバイルWiFi使いたい、というのも正直あります。

iPadのWiFiモデルとセルラーモデルどっちを選ぶか、以上までの選び方をまとめると、次の通り。

  • 基本は、WiFiモデルのiPadで大丈夫
  • WIFiがない+テザリングもできないときだけ、セルラーモデルのiPad

でも結局は、どちらを選ぶかはみなさん次第です。iPadを買うときは、ぜひどういう場所で使うのか、お金をどの程度かけるかも考えてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました